1年以内に退職すると就職できなくなる?

MENU

1以内に退職した薬剤師は就職できなくなる?

薬剤師は国家資格としており、免許を取得したものだけがなれる職業でもあります。そこで活躍できるフィールドが広くあり、自分が求めている職場を選ぶことこそが一生涯、働ける就職先でもあります。しかしせっかく新卒採用で薬剤師として仕事に取り組んだもの思っていた業務ではない、雇用条件に不満がある、職場に馴染めないなど様々な理由で1年以内に退職してしまう人もいるようです。

 

また中には薬剤師の転職を繰り返している人もおり結局は十分な経験、知識を身につけることができずにいるとしています。そこで就職や転職の際として不利な条件とは何か検証してみましたので紹介したいと思います。

 

薬剤師の転職で1年以内の退職は不利?

 

特に新人薬剤師では学生のときとは違く、研修を終え実際に業務に取り組むとなるとこれまでのギャップで悩む人も少なくないようです。薬学部で培った知識を活かすにもその様な仕事内容とは程遠く、思い描いていたものとは違うと感じる方もいるようです。

 

また自信に溢れていたものいざ業務に携わると失敗や自身の能力の差をみせつけられ自信をなくしてしまう人もなかにはいるようです。そして残業が多く自分の時間をもつことができずにストレスを抱えてしまう方もいます。そこで1年以内に一度は辞めたいと感じている新人薬剤師は以外にも多く、約8割の方が思われているようです。

 

そして自分なりに乗り越えることができれば良いのですが、そこで見切りをつけ転職を考える人もいるようです。しかし転職を繰り返す人や短い期間内に退職をしている方にとって再就職はやはり困難であることも自覚しておきたいものです。実務、社会経験が少ないとみなしおまけに人格的な問題も指摘されることも考えられるようです。

 

会社側からしてみれば、採用してすぐに辞めてしまう人材ではマイナスになることは分かりきっていますので、長く続けてもらえる薬剤師を採用するのが当たり前となっています。そして職場環境になじめる協調性のある明るい人材を必要ともしています。また再就職はこれまでの経験年数や実績、スキルを重要視しますので1年以内の退職者の就職は難しいともいえます。

 

しかし昨今では特に調剤薬局やドラッグストアでは求人数が多く、引く手あまたとなっていますので検討する余地はあります。しかし同じような経験を繰り返すことのないように、薬剤師の転職の就職先を選ぶ際には十分に慎重に決めることが大事となっています。

 

自分のキャリアアップ、やりたいことを明確にすることが大切となってきます。そこで自身での職場探しでは良い情報を得ることもなく求人が狭まってしまうことも考えられますので、薬剤師求人サイトを利用することであなたにあった条件の職場を見つけることができるとしています。今後、長く続けることができる仕事をすることで実績、スキルアップも望め、一生涯の職場として従事することが期待できます。