男性向けの薬剤師就職先ってどこ?

MENU

男性向けの薬剤師おすすめ就職先ってどこ?

昨今では薬剤師不足とも言われており、就職や転職を検討した際には多種多彩の求人募集がみられます。一昔前は女性の職業のようにも思われていましたが、近年においては男性の姿も見られるようになりました。そして全体の3割程でもある男性薬剤師の就職先といえばどこが良いのか?興味のある方も多いのではないでしょうか。

 

何といっても薬剤師の資格は人気となりつつ、親御さんからしてみると子供になってほしい職業としてもトップテンにも入り将来的にも高収入、安定した生活が見込まれるとしています。薬学部6年制で学費はかかるもの今後において活躍できる場が多くあるとしていますので、将来の夢として目指す若者も増えてくるのではないでしょうか。

 

そこで男性向けの薬剤師の就職先で人気のあるところや活躍が期待できるところなどリサーチしてみましたのでご覧くださいね!

 

男性薬剤師が求める職場は?

 

女性とは違く男性の場合では定年まで働き続けるのが一般的でもありますので、長く続けられる環境こそが求められる職場でもあります。結婚をして家庭を養う立場となれば安定した収入を選ぶ人もいるのではないでしょうか。またライフワークバランスを大切にしたいという独身男性では高い年収よりも休暇が充実しているところを望む人もいるようです。そして専門知識を学び医療に携わり貢献したいという方も少なくないようです。

 

  1. キャリアプラン
  2.  

    自身の今後の仕事に対してのプランの選択肢があるところでは、5年後、10年後、20年後の自分を見据えることができ将来は管理職、エリアマネージャー、部長その先のキャリアアップを目指すことができます。特に大手ドラッグストア、薬局では研修制度を設けているところも多くありますので注目しておきたいところでもあります。また病院では認定薬剤師、専門薬剤師、指導薬剤師とステップしていくことができどの職場においても重責のある役職となります。

     

  3. 給料が良い
  4.  

    定期的な昇給に福利厚生が充実しているところは安定を望む男性にも多く、結婚、マイホーム購入、子育てなど家族の大黒柱として責任を果たすべきとしています。また薬剤師のなかでもドラッグストアが平均的にも高収入が見込まれるとして人気となっているようです。

     

  5. やりがいがある
  6.  

    一生涯の職業としてやはり男性にとってはやりがいを求める人も多くいるようです。そこで製薬会社の研究職や開発に携わることで、能力や知識が求められ更にスキルアップすることができるとしています。また男性に多いMR職ではコミニケーションなども必要とし、ノルマがあるもの達成することで昇進、昇給も期待できるとしています。

     

 

薬剤師の就職先として半数近くが調剤薬局に従事しており他、病院、診療所、製薬会社のMR、学術・DI業務、臨床開発モニター、治験コーディネーターとなっているようです。またその中には経験や実績を重ね、自ら代表として経営している薬剤師の方もいます。

 

そこでこれから就職、転職≪男性薬剤師≫を検討しているのなら何を優先的にするのか決めてから選択する必要があるようです。条件がそろっているところはもちろん人気としているはずで、狭き門でもあるようです。