ベンチャー企業への薬剤師転職

MENU

ベンチャー企業への薬剤師転職・求人について

若者や中堅を中心に、ベンチャー志向が高まりつつあり、大企業としていなくとも今後の成長が期待でき自身のスキルや経験を活かし発展に携わりたいとしています。そこで薬剤師においてもベンチャー企業への転職を希望する人も増えているようです。

 

主に成長過程にある企業としていますので、従業員や社員の多くは夢や目標を掲げやりがいのある仕事として魅力のあるところでもあるようです。しかし誰もが成功するとは限らず性格や会社によっては失敗することも考えられ、知らずにブラック企業に転職してしまうことも考えられるようです。そこで成功するためのベンチャー企業への薬剤師転職の秘訣を紹介したいと思います。

 

薬剤師の企業バイオベンチャーで躍進する!

     

  • 医薬品開発の為の研究室がある
  •  

  • 人材能力にはコミュニュケーション力も必要
  •  

  • 本当にこの業界で生き残っていけるのか会社を独自リサーチする
  •  

  • 自身の報酬は自分達で生み出す覚悟が必要
  •  

  • ベンチャー企業転職に特化している薬剤師転職サイトを利用する

 

ベンチャー企業転職≪薬剤師≫のメリット、デメリットとは?

 

特に立ち上げたばかりの会社では人手不足も考えられ、一人で多くの役割を果たさなければいけませんが幅広いスキルを身につけることができます。そして将来的に自身も起業する場合の良い経験ともなるようです。

 

また責任ある仕事を任され自分の能力を見極めてチャレンジすることができ、成果をあげ成長に大きく貢献することで高い役職を与えられたり、高額な収入を得ることも期待できるとしています。実際に評価され報酬を得ることで更にチャレンジ、やりがいが大きくなることが考えられます。

 

しかしベンチャー企業の倒産は設立してから5年で85%としていることから、ベンチャーへの薬剤師転職を検討している方はリスクもきちんと認識する必要があるようです。そしてメリット、デメリットをしっかり把握することも大切でもあります。実力主義でもありますので能力が発揮できない、認められない場合では仕事を辞めなければいけなくなるなど追い込まれることもあるようです。

 

自身のスキルを活かしたく成長の過程である会社に転職する際には、これまでの給料や高待遇などは忘れ初心の気持ちをもち覚悟して働かなければならないようです。ですので、家庭をもっていたり安定した収入を希望するのならベンチャー企業への転職は避けたほうが良いかもしれません。

 

それでもやりがいを求め自らの今までの経験やノウハウを使いチャンスを手にしたいのであれば、会社選びは慎重に決めなければならないようです。そこでマイナビやリクナビ、エムスリーキャリア、薬剤師転職ドットコムなどの転職サイトを利用することで、安心して信頼できる会社の紹介が期待できるとしておすすめとなっています。