65歳で再就職を目指す

MENU

65歳の再就職向けの薬剤師求人・募集

どの会社、企業も定年としての年齢の定めはあるとしていますが、たいていは60歳と規定としているところもあります。そして65歳までとしているところも年々増えているようです。そこで薬剤師においてももちろん定年をさかいに職場を退く方も見られますが、昨今ではまだまだ働ける体力、気力がある年齢としています。そのため65歳で薬剤師の再就職を目指す人も近年では珍しくはないようです。

 

その中には今までのスキルや知識、経験をこれからの医療へもっと貢献したい!携わっていたい!という方や老後の蓄えや趣味など経済的なことなど再就職を決意する理由は様々でもあるようです。そこで薬剤師の働くフィールドは広く、病院、薬局、調剤薬局、ドラッグストア、企業、製薬会社など多岐にわたりあります。

 

そのため薬剤師は復職、転職にも有利とされています。ここでは定年退職後または65歳からのシニア世代の薬剤師の再就職の現状を調査し紹介したいと思います。現在、60歳を過ぎ今後も薬剤師としての資格を活かしたいと考えている方は参考としてご覧くださいね!

 

65歳で再就職する秘訣!
  1. 勤務延長制度
  2.  定年を超えてもそのまま在籍して働くことができる

     

  3. 再雇用制度
  4.  定年退職をした後に再度労働契約を結ぶ

     

  5. 薬剤師転職サイトに登録
  6.  新たな職場を希望する場合、転職支援サービス会社を利用する

 

今まで努めていた会社で延長や再雇用制度がある場合には、年収は減俸となりますが職場環境は同じなので精神的にも無理なく今後も働き続けることができるとしています。またその様な制度がない場合や新しい職場で心機一転として、転職≪シニア薬剤師≫を考えるなら薬剤師転職サイトを利用することをおすすめします。

 

希望の条件からあなたにあった転職先を紹介してくれますので、探す手間などがなく無料で再就職のサポートをしてくれメリットが多々あります。

 

シニア薬剤師が転職で成功するには!

 

60歳、61歳、62歳、63歳、64歳、65歳そしてそれ以降も働き続けたいとしている薬剤師は、高齢化が進む社会情勢となっていますので今後も更に増えることが予想されるようです。

 

  • これまでの経験、実績を若手のお手本となるよう実践する
  • 自分の経験を押し付けることなく、新しい職場では協調性が必要
  • 給料は現役時代よりも減俸となることを理解しておく

 

今までの職歴やこれまでの身につけたノウハウを、新しい職場や若い人材に押しつけるような態度や行動をとってしまうと、人間関係や職場環境を悪くしてしまい辞めざる得ない状況となることも考えられるようです。そこで転職して働くとなったら新入社員とした気持ちで、経験を活かしながら必要なときにはアドバイスをし仲間との協調を大切にすることが、再就職の薬剤師≪65歳≫として成功することができるとしています。