管理薬剤師なら年収800万円も可能?

MENU

管理薬剤師求人なら年収800万円以上もある!

現在、薬剤師の転職を検討している人では求人情報で管理薬剤師とした募集要項が気になる人も多いのではないでしょうか。特に薬局やドラッグストアでは店舗拡大するところも増えていることから必要としている人材でもあるようです。そこで管理薬剤師の年収はいくら?800万も可能?と期待する人もいることでしょう。重責ある立場として期待通りの高収入でもあるようです。

 

そして薬局やドラッグストア以外にも医薬品卸売業、病院、医薬品製造業、製薬会社など、医薬品を扱ったりしているところでは必ず管理薬剤師を置くことが義務づけられていますので多種業からも必要とされている人材となります。

 

ここでは管理薬剤師の疑問についてお答えしたいと思いますので再就職、復職を考えている人は今後の更なるステップアップするための参考にしてみて下さいね!

 

管理薬剤師とは?

 

薬局や店舗、製造業では拠点毎に設置が義務付けられている責任者として薬事法で義務づけられている立場でもあります。一般的には経験数があり、従業員の監督と医薬品の管理はもちろん薬事法や薬剤師法などに関する法律や、医療保険に関する知識も必要になります。そして人間性においても従業員の管理を任されることになりますのでコミニケーション力、信頼性がある人材が最適でもあるようです。一般薬剤師よりも責任が重大としており経営者と同じ立場で意見が言えるポジションとなっています。

 

そして管理薬剤師の業務は薬局の場合では医薬品の購入、在庫管理や保管、帳簿の記載、働く薬剤師や従業員などの管理などを行います。 また一般企業や製薬会社などの工場では商品の入荷や、出荷などの管理が業務となります。

 

誰でもなれる?

 

管理薬剤師になるために資格はこれといってありませんので誰もがそのチャンスがあるとしています。新卒においても会社によっては管理職採用としてそのための研修、業務をこなしその資格を得る立場となることもあるようです。一般的には3年以上の経験があり人間性や知識など認められることで管理する責任を任せられることも期待できるようです。

 

どのみち薬剤師として働く人はその先のキャリアステップを望んでいる人が多いのも確かでもありますので、誰もがなれるとしても店舗には一人としていますので狭き門としてかなりの努力も必要かもしれませんね!

 

気になる管理薬剤師の年収に注目!

 

管理薬剤師の平均年収は700万前後としていますが、場合によっては800万以上の高収入が期待できるところもあるようです。また地方、都市部においても給料、手当の差も大きく、人手不足としている地方ではかなり高い月収が可能としているようです。

 

ですので薬剤師の転職を検討している人で高収入を希望しているのなら地方の調剤薬局やドラッグストアに注目することもおすすめでもあります。そこで勤務し日々努力し研磨することで管理薬剤師としての立場となり年収800万、900万も夢ではないようです。