ブランクから短期で復帰する方法

MENU

薬剤師ブランク復帰を短期で達成する方法について

女性の多い職場でもあり結婚や出産をきに退職する方も多くみられます。そこで子育てに一段落し、資格を活かしママ薬剤師として復帰と考えている方も多いようです。しかしこれまでのブランクにより不安となる方は少なくないようです。新薬が登場し薬の知識や薬事法、保険制度など目まぐるしく変化していく社会情勢において休職していた時間は大きな壁となり復職を断念するお母さんも多いようです。

 

しかし昨今では様々な薬局・企業が、スムーズに復帰できるように体制を整えているところも増えているようです。そこで薬剤師のブランクから短期で復帰する方法が気になる方もいるのではないでしょうか。現在ではママ薬剤師として正社員、常勤、パート、契約社員として様々な雇用形態においた活躍する姿が多くみられますので、不安のあるかたは今後の参考としてご覧くださいね!

 

転職サイトの無料復職支援サポートに参加

 

大手の調剤薬局や医療系の人材紹介サービスが主催しているのが、ブランクがある薬剤師の方を対象とした復職支援プログラムとなっています。そこでは保険調剤のフロー・調剤報酬、処方箋の見方、薬歴記入(SOAP形式)、投薬・服薬指導、監査・疑義照会、PTP調剤、総合調剤、患者対応マナーなど多岐にわたり学ぶことができます。

 

そして職場に実際に行って研修を受けるOJT・OFF-JT(職場内訓練と職場外研修)を実施している転職サイトや大手薬局チェーンなどもありますので注目しておきたいところでもあります。そこで薬学的な知識や技術、マナーを再習得することで職場復帰や医療ミスを回避し安全に医療へ携わることができるとしています。

 

会社のブランク明け専用研修制度に注目

 

薬局やドラッグストアでは特に人材不足として薬剤師の確保に奮闘しているのが現状としています。そのためママ薬剤師やブランクのある方を対象に研修体制が充実しているところがあり、新人とは違ったカリキュラムで不安なく業務に取り組むことができるようになります。

 

独自に本やインターネットで最新情報を知る

 

子育ての合間に、薬剤師向けの雑誌や本により最新の情報や知識を知ることで今後の復帰の際には役立つとしています。また日経DIでは、定期購読はもちろんインターネットで登録をすれば多くの最新情報が入手できるとしておすすめとなっています。また薬事日報では薬業界の新聞として業界の動向、政府の方針などの最新ニュースが確認することができます。