薬剤師は公務員と民間どっちが待遇良いの?

MENU

薬剤師は公務員と民間どっちが待遇・給料は良いの?

昨今の不況で公務員を目指す人は多く、人気のある職業としていますが薬剤師においても例外ではないようです。そこで民間と公務員薬剤師のどちらが待遇が良いのか気になる人もいるのではないでしょうか。どちらが良いとは一概には言えませんが安定しているといえばやはり公務員は強いようです。

 

しかし、民間、公務員ならではのメリット、デメリットがありますので、希望の年収、待遇、やりがいなど求めるものによってはどちらを選択するのかはあなた自身となるようです。公務員ではもちろん試験に合格しなければなりませんので、薬剤師とは別に勉強する必要もあります。そこでまずは公務員薬剤師について調査してみましたので、参考としてご覧くださいね!

 

公務員薬剤師はどんな仕事?

 

地方公務員では都道府県や市町村、政令指定都市で採用されます。国立、県立病院での勤務の他、各都道府県の薬務課、保健所、調査・研究施設、消費生活技術センター・上下水道局などがあります。そして環境部局では大気汚染や水質汚濁の調査・検査・指導、各種廃棄物の適正な処理の指導、環境保全対策などがあります。

 

また衛生部局では食品衛生や環境営業の調査・検査・指導、医薬品製造業者や薬局の立ち入り検査や指導なども行います。その他にも多岐にわたり業務がありますが、配属される部署は自分の希望通りとは限らないようです。そのため勤務先を選ぶことができない薬剤師でもあります。

 

給料は公務員、民間どっちが高い?

 

公務員薬剤師の給料は医療職俸給表の給与規定に準じて支払われます。基本給に各種手当、賞与が加算され平均年収は約600万となっています。そこで民間の薬剤師の平均年収は約500万となっていますので将来的にみれば公務員の方が給与水準が高いようです。

 

しかし大卒の初任給で比べると特にドラッグストアでは高給としており、公務員と比べるとかなりの差がでるようです。民間での薬剤師では実力が認められれば高い役職につき、更に高収入が期待できることも魅力の一つでもあるようです。

 

安定した収入に福利厚生は人気?

 

公務員としての職業の魅力は年々昇給していく安定した収入に、倒産のない職場としているところでもあるようです。薬剤師においても同等で福利厚生の充実や、長く働き続けられる環境でもあるようです。そして老後においても民間よりも高い退職金や年金生活で、暮らすことも可能としています。そこで安定を求めている薬剤師の方には人気となっているようです。

 

薬剤師の公務員の待遇はそれなりに満足できるものとしていますが、民間においても高待遇に高収入としているところもありますのでどちらの待遇が良いのか比較することは難しいようです。そこで自分にあった条件、目的の職場を選択することが長く続け一生涯の就職先とすることができるのではないのでしょうか。