育児と仕事を両立させるのは難しい?

MENU

育児と仕事を両立させるのは難しい?薬剤師版

近年では共働き夫婦は珍しくもなく当たり前の時代でもあります。そこで働く女性にとっての問題として子育てと仕事の両立としています。そして薬剤師においては7割近くが女性としていますのでママ薬剤師のあり方は、今後も企業に求められる取り組みでもあるようです。

 

産後でも会社を辞めずに働き続けることができる環境として独自の子育て支援としているところも増えつつあります。そして女性社員が長く勤務できる制度は育児と仕事の両立を図ることができるとしています。そこで現在、結婚、出産をきに退職したお母さんのなかで復職や再就職を検討している方は、これからの参考としてご覧くださいね!

 

また薬剤師転職サイトを利用することで育児サポート体制としているところなど、ピックアップして紹介してくれますので登録することも選択の一つとしておすすめとなっています。

 

子育て支援制度が充実している職場

 

会社や病院によっては育児短時間勤務制度を実施しているところも最近多くあります。3歳未満の子供を持つ従業員が利用できる制度で、企業によっては就学前まで可能としているところもあります。1日の勤務時間を短くし早く退社することで保育園へのお迎えや家庭の仕事をこなすことができます。また子どもの病気などによる休暇制度もあるところでは、安心して休むことができるとしています。

 

産前・産後の休暇、育児休職がきちんと取得できる環境は働く子育てママにとっては重要となっています。また女性活躍推進として取り組んでいる会社では長く勤務することができ、育児と仕事を両立しながら管理職につくことも期待できるとしています。

 

施設内に保育所や病児保育が併設している

 

特に中核病院や大学病院など大きい病院では、就学前のお子さんを預けることができる保育所など併設しているところがあります。女性の医師や看護師なども多く働く現場でもあり、夜勤などでも対応できる施設となっていますので安心して業務に取り組むことができるとしています。

 

パート、アルバイトで薬剤師勤務

 

出産をして長時間は無理だけど少しの時間なら働きたいとしているお母さんも少なくないようです。また幼稚園にいっている時間帯だけ、小学校低学年までは帰宅時には家にいてあげたいとしているお母さんもいるようです。

 

そこでパート、アルバイトでは午前中だけや週に2~3日など、薬局やドラッグストアでは短時間短期間としている求人、募集がみられます。また薬剤師の時給は一般に比べれば高給となっていますので少しの時間で稼ぐことができ、家計の足しや教育費に回すこともできます。そして扶養控除内での勤務可能としているところなど注目しておきたいところでもあります。